スポンサードリンク

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

生産者のつぶやき

 ハウスの脇でツクシをつんでいると、久しぶりに隣の牛舎のHさんに会いました。Hさんは、私より10くらい上の方ですが、御自身の生き方をしっかり地に足をつけて歩んでおられる、母としてもたくましい先輩で、色んなアドバイスをくれる方です。おしゃべりしていると、いつも時間を忘れるほど楽しくて、今回もツクシの話から、春の山菜の食べ方を教えてもらい、その後話は日本の農業にまで及びました。いつもグローバルな視点から御自身を見ていらっしゃるので、本当に勉強になります。

 アメリカからの牛が入って来ない事で、日本の牛を飼っている農家が得をしているかというと、赤字ばかりなのだそうです。お肉が欲しいという需要はあるのに、お肉になるための子牛を繁殖する農家が後継者も足りなくて稀少価値となりつつあり、Hさんが繁殖農家から子牛を買うのにとても高値らしいのです。だからといって、繁殖農家も、元手がかかるそうなので、もうかっているわけではないのだそうです。生産者がどんどんやめていく日本の国は、どうなっていくのだろうね、とHさんはつぶやきました。
花も野菜も同じです。輸入品に押されて、国内生産の花は元手がかかるのに値を下げざるをえず、やめていく人が多いのです。ほんと日本という国は、物を生産する人達をもっと大切にしてほしいと思います。
「こんなもうからない職業を、若い人についでもらうわけにもいかんしね。」とHさんは言いながらも「でも私も牛をやり始めて30年近いけれど、まだ牛を飼う事が本当にわかっとらんのよ。生き物飼うって難しいね。今やめたらこの人生、何をやってきたやらわからん、ってお父さんも言うし、赤字が続くけどまだやめれんのよ。牛の事、少しは語れるくらいになれんとね。」と笑います。「そうそう、バラも同じです。毎年気候も違うし、毎年一年生と同じです」と私も共感しながら、Hさんが「命」や「自然」の前にいつも謙虚で、そして「生活」をしながら人生を考え、貫く姿を素敵だと思うのです。「とにかくお互いがんばりましょうね。」と励ましあいつつ別れました。
自然と向き合える田舎だからこそ、こうしてしっかり地に足をつけて生きている人もたくさんいるのだと思います。田舎も捨てたもんじゃありません。メール問題などに大切な国会の時間をつぶしている東京のド真ん中の国を司る人達はいったい何がわかって何を考えているのかと思います。
スポンサーサイト

WBC

すごかったですね!連日何度もテレビであの色んなゲームを反芻して、感動しています。
イチロー選手の色々な言葉を聞いていると、私も一瞬でもこんな風に一生懸命に何かにかけること、これから後にも先にもあるのだろうか...と、毎日のほほんとして自分を甘やかしている生活に、ぴしっと喝が入ります。(あら?オリンピックの後にも確か、同じように感じて反省したはず...。
また、「毎回、今回のゲームはどんな風につくっていこうという風に考えます」という言葉からは、スポーツも芸術もすべて同じで、選手達もクリエーターなんだと思えてうれしくなりました。去年の日本シリーズの時から応援していたロッテの西岡選手、今回も活躍してくれていましたね。彼のような息子がいてもおかしくない年令なのですが、そのことはあまり考えないように、黄色い声で応援していました。野球をあまり知らない私にも、夢中になれた数日間でしたので、日本中で野球ファンが増えた事は確実ですね。開幕が楽しみです。

コンサート

昨日は地元西条市ですばらしいコンサートがありました。小学3年生の時から視覚障害を背負いながらもヴァイオリニストになられた川畠成道さんと、ロシア交響楽団の首席指揮者になった話題の日本人女性・西本智美さんのお二人でのコンサートが開催されたのです。川畠さんは自伝的本を読ませていただいて、本当に感動し、その演奏も4回目なのですが、心で演奏されているせいか私はいつも頭のてっぺんのチャクラから音が入ってきて心の琴線にひびいてくる感じがするのです。その川畠さんとは、今回昼食を食べにコンサート会場に入ったおうどん屋さんで、思いがけずうれしい遭遇がありました。丁度、これまで二人三脚で一緒に歩まれてきた御母様と御一緒で、店を出て行かれる時にある方が「演奏楽しみにしています」と声をかけられると。うれしそうにはにかみながらもきちんと「ありがとうございます。また6月にはこちらの方へ来ますので、ぜひいらしてください」と挨拶されました。

演奏は前半がチャイコフスキーのバイオリン協奏曲で川畠さんのバイオリンにうっとりでした。とても高度な技術が要求される演奏でしたが、彼らしく遊びがないきっちり丁寧ながらも、その部分が謙虚で心がこもった演奏でした。後半は、子供達が楽しみにしていたドヴォルザークの「新世界より」でした。迫力ある西本さんの指揮で、すべての楽章を親子で楽しめました。(今回は、子供の料金が、どの席でも2500円という有難い値段でしたので、気軽に子供達も誘えました。「新世界より」は、子供達にも耳に馴染む音楽らしく、ぜひ行きたいとのことでしたので、安い金額で今回の価値あるコンサートを子供達に聴かせる事ができるようにしてくれていた、西条市の企画は素晴らしいと思いました。)帰り道は、親子3人で話題もはずみ、3人ともいい音楽で心が満たされた事をとても心地よく感じていたのだと思います。

今日は、久しぶりに朝からいいお天気です。2人の子供達も元気に登校しました。さあ私も昨日の充電をバラ達に伝えなくては!はりきって仕事に行ってきます!

春の野草

晴れた日には、ビニール袋を持って野草摘みにでかける人をよくみかけるようになりました。ハウスの空き地にも3月に入ってから、おいしそうなはこべがたくさん生えています。通称「ひよこぐさ」という名前で、この季節、結構どこででも見かける事ができますよね。胃腸を強くする野草だそうで、くせがないので我が家の子供達の大好物です。ゆでてあくをとり、塩こしょうでいためるだけでもおいしいですし、卵とじも人気があります。つくしも随分みかけるようになりました。こちらは毎年だいたい生えてくる場所をチェックしておく必要があります。うちのハウスの隣の牧草地によく生えているので、毎日まだかなあ....とチェックしにいっていますがまだのようです。わらびは、その牧草地の持ち主のHサンが去年教えてくれた場所に時期がきたらとりにいかなくては。春の楽しみにワクワクです。
プロフィール

波動バラ・ベルローズ

Author:波動バラ・ベルローズ
幸せの波動バラショップ「ベルローズ」HPはこちらです
http://www.bellerose.jp/

FC2ブログランキング

FC2Blog Ranking

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
リンク
月別アーカイブ
カテゴリ
カレンダー
02 | 2006/03 | 04
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31 -
カウンター
検索フォーム
RSSリンクの表示
QRコード
QR
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。