スポンサードリンク

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

夜回り先生

12月14日に松山で夜回り先生の講演会へ行くことができました。初めて聴かせていただいたのですが、それまでに他の方から聞いていた通り、今すぐ自分もできることからしなくては!という気持ちになり、小学校から丁度きていたアンケートに「あいさつからできること」という題名で書かせていただいたので、こちらにも記させていただきますね。

昨夜、夜回り先生(水谷修さん)の講演会(松山)にいって参りました。
 先日あいさつについてのエピソードを募集していたのを思い出し、今回の夜回り先生が最後に話されたお話は、とてもいいエピソードだと思いましたので、お伝えしたく思いました。

***************************************************************************************

 ある中学校で先生が講演会をした際、最後にひとり中学3年生の生徒から質問があったそうです。
「僕達が薬物や非行が渦巻いている社会から自分を守るためには、どんなことをしたらいいのですか?」
先生の答えは
「簡単な事だよ。毎日あいさつと言葉がけ(例えば元気のない友達に『おうっ、大丈夫か?俺達がいるから大丈夫だよ』とか、先生に『よう!先生、今日の授業楽しかったぜ』などの言葉がけ)を忘れないようにすればいいんだよ。」
ということでした。
 それから、その中学3年生では、3クラス対抗で「あいさつ競争」をしたそうです。
あいさつはすべて自己申告。
「僕は今朝駅の近くで71回したから、僕らの勝ちだね。」
「何をいう!俺なんて、今朝は改札のところで政治家みたいに『オハヨウゴザイマス』を
誰彼なしに連呼したから362回。でももう明日ははずかしくてできないから、他のやつに変わってもらうぜ。」
といった感じであいさつと言葉がけは校内だけでなく地域にも広がり、優勝したクラスは校長先生が卒業時にラーメンをおごったそうです。

 その校長先生から夜回り先生にお手紙が届いたそうです。
「近所に住む74歳になるおばあちゃんからこんなお手紙をもらいましたので送らせていただきます。
『私はつれあいを昔になくし、ずっと一人暮らしをしているものです。
最近お宅の学校の生徒さんがよくあいさつをしてくれるようになったばかりか、ゴミを捨てようとすると、おばあちゃん、僕がやるよ、と声をかけてくれて、捨ててくれます。持った事のない子供や孫が一度にたくさんできたような気持ちがして、本当にいつ死んでもいいと思っていたのに、生きるのが楽しくなりました。このお礼に、この春は花の球根や種をたくさん庭に植えましたので、それを生徒さんたちにプレゼントしようと思います』」

 夜回り先生は、子供達の力にうれし泣きをしてしまったそうです。
「やさしさを声に変えて配る事」の大切さをおっしゃっていました。こんな風に老人と若者が交流できる社会になってこそ、社会全体が子供達を守ることができることも。
このことは、「児童の下校を見守る活動」にもつながっていくのではないかと私も思います。

つたない文章で、申し訳ありません。何かの参考になれば幸いです。

5年生 保護者

*夜回り先生
 水谷修(1956横浜市生まれ)。中高生の非行防止と更正、薬物汚染の拡大防止のために、全国各地の繁華街で「夜回り」を行う。また薬物防止等の講演で全国を駆け回る。2003年東京弁護士会第17回人権賞受賞。「さらば、哀しみのドラッグ」「さよならがいえなくて」「夜回り先生」など著書多数。


*****************************************************************************************

これは夜回り先生の伝えたいと思っていらっしゃる事のほんの一部です。先生が御自身が殺してしまったと思い、背負っておられる事は本当に重たく、その分先生の役割は今の子供達には本当に必要とされている大切な事だと講演会で感じました。特集の再放送が12月30日(金)13時~15時NHK総合であるそうです。ぜひご覧になってみてください。
スポンサーサイト

一段落です

昨日は積雪5cmありました。友人の結婚式が昼からあり、心配したのですが、なんとかお天気になり雪が溶けてくれたおかげで、無事に披露宴会場につくことができました。結婚披露宴に出席するのは久しぶりだったのですが、再婚同志のカップルに、子供達も交え、なんとも和やかないい披露宴でした。私はスピーチを頼まれていたので、一緒に子育てをしてきた新婦との思い出や、新婦をとりまく御家族の素晴らしいサポートの事をお話させていただきました。日頃大勢の人の前でしゃべる機会がないので、緊張しましたが、参加させてもらっているという実感があり、知らない方でも後から感想を言いにきて下さったりして、とても得な役をさせてもらったと思いました。日常生活でなかなか馴れ合ってしまった友人と、改めてお互いの気持ちを確かめる機会もなかなかないのですが、そんな関係ももう一度しっかり伝え合うこともでき、福をたくさんいただいて帰った一日でした。

にんじんの会で東城先生の講演会準備や、ベルローズの新システムのデータ入力に追われながらも、窓ふき以外の掃除はだいたい終えることもでき、年末迄の色々な用事が一段落つきました。玉井先生の講座のアップも終わりました。(今回のお話は、子育て中の方にはぜひ読んでいただきたい内容です。体験しながら自然や宇宙を感じる事を子供時代にしっかりしておくことが、どれだけ貴重か。また、戦争を繰り返してはいけないことを先生の体験に気持ちを添わせる事で実感できます。)あとは、年賀状とこの週末にくるクリスマス向けの花束発送です。今年は23日着御希望のお客様が多く、22日が一番忙しくなりそうです。我が家のクリスマスパーティーは毎年花束発送があまりない25日になります。子供達が企画してくれているのですが、「今年の出し物、ママはなに?」とプログラム係が聞いてくるので、それも考えなくてはなりません。そしてそれからお正月用花束の発送が忙しくなります。

そんな中、14日は夜回り先生(水谷修先生)の講演会に行ってきて大感激でした。そのお話は長くなるので、また近い内にさせてくださいね。

右脳開発の教室にも母と一回目に行き、知っていたつもりだった右脳の働きを心の問題と結び付けて認識し直したり、想像と映像の違いなどを具体的にわかってみたり、毎日の生活が楽しくて仕方ないです。こちらの話もまた近いうちに。

スケジュールがいっぱいです

12月にはいってすぐにベルローズ通信をやっと出し終え、少し気持ちは楽になったのですが、新しく管理システムがうちにやってくることになり、また忙しさが倍になりそうです。これまでマニュアルでやっていたある程度の情報処理がシステム化されるため、軌道にのればとても便利で楽になるのですが、データの入力が待っている事がわかっていますので、師走の気忙しさに拍車がかかっています。

でも先日、「時間を無駄にしないために、しなければならない事をリストにしよう」と何かの記事で読み、それを実行しています。頭だけで「あれしなきゃ、これしなきゃ」と思っていると気持ちだけがあせって、ちょっと空いた時間も「あれ?何すればよかったんだっけ?」と結局ぼ~っと考え込んでいることが多い私でしたが、少しの時間なら今ならこれができそう....など、リストを見ながらだとスムーズに行動にうつせるようになってきました。会社で働いていた時には、確かにやっていたなあ...と数十年前を思い出し、テキパキ動く事を心掛けています。早く動く事は右脳にもいいのですってね。クリスマスが近付く頃には花束発送で忙しいのはわかっているので、今のうちに年賀状も窓ふきも台所の壁ふきも全部終わらせておきたいと思っています。(でも少し寒さがゆるんでくれないと、窓ふきはできませ~ん。ブルブル)
プロフィール

波動バラ・ベルローズ

Author:波動バラ・ベルローズ
幸せの波動バラショップ「ベルローズ」HPはこちらです
http://www.bellerose.jp/

FC2ブログランキング

FC2Blog Ranking

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
リンク
月別アーカイブ
カテゴリ
カレンダー
11 | 2005/12 | 01
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 31
カウンター
検索フォーム
RSSリンクの表示
QRコード
QR
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。